トップページ >  ガラスコーティングとその他の車コーティング剤との違い

ガラスコーティングとその他の車コーティング剤との違い

様々な種類が展開されている、コーティング剤。各コーティング剤のメリット・デメリットをご紹介します。

コーティング剤の種類ごとのメリット・デメリット

車のコーティング剤には、ワックス、ポリマーコーティング、ガラスコーティングなどの種類がありますが、その基本的な使用目的はどれも同じ。すなわち、塗装面の保護とツヤ出しのために、車の表面に塗布して使用します。
しかし使用目的は同じでも、種類によって性質は異なり、それぞれにメリットもあればデメリットもあります。使用する際には、そうした種類ごとの性質の違いや、メリット・デメリットをきちんと踏まえた上で使うことが肝心です。

ワックスのメリット・デメリット

たとえ車に詳しくなくても、コーティング剤と聞いて真っ先に思い浮かべることができるのが、この「ワックス」だと思います。それだけワックスは、コーティング剤としてメジャーな商品となっています。
ワックスというのは簡単に言ってしまえば油脂のこと。油ですから、車の表面に塗れば水をはじくことができますし、またツヤだって出ます。この撥水効果とツヤ出し効果の高さこそが、ワックスの最大の特徴だと言えるでしょう。あとはコストが比較的安価である点もメリットとして挙げられます。

その一方でデメリットもあります。
先ほどコーティング剤の基本的な使用目的は「塗装面の保護とツヤ出し」だと述べましたが、ワックスはツヤ出しには優れるものの、塗装面の保護にはあまり効果がありません。それどころか、有機溶剤のワックスの場合には、反対に車の塗装面を傷つけてしまう恐れもあります。

車をピカピカに磨いて飾っておくだけなら良いのですが、普段使いする人のコーティング剤としては、塗装面の保護の点で心許ないと言えます。

ポリマーコーティングのメリット・デメリット

ポリマーコーティングの原理も、基本的にはワックスと同じです。ただ、植物性油脂や石油系油脂を主原料とするワックスと違って、ポリマーコーティングではフッ素樹脂という人工的な被膜を用いるため、ワックスと比べると塗装面の保護効果が高く、また持続性も長期間に及ぶといったメリットがあります。

しかし、そのぶんワックスよりもコストがかかり、また保護効果や持続性が高いと言ってもガラスコーティングには劣るため、どっちつかずのコーティング剤とも言えます。

ガラスコーティングのメリット・デメリット

その名前のとおり、成分にガラスの元素を含むコーティング剤のことです。強力なガラス被膜を形成することで、車の塗装面を傷や汚れから守るとともに、ガラスのような透明感のある輝きを付与することができます。また、持続性が高いため、ワックスやポリマーのような頻繁な塗布が不要で、そのぶんお手入れが楽といったメリットもあります。

デメリットとしては、元々が業務用の商品であったため、ワックスやポリマーと比べると高価である点が挙げられますが、しかし現在では、価格もだいぶ下がってきています
何より、大事な愛車のことを考えれば、多少費用がかかっても、傷や汚れからしっかりと守り、塗装面をピカピカに輝かせてくれるガラスコーティングをやはり選びたいものです。