ピンクダイヤモンド

このページでは、ガラスコーティング剤「ピンクダイヤモンド」について紹介します。

ピンクダイヤモンドの画像 分類 硬化系ガラスコーティング剤
価格 3,800円
内容量 60cc(中型車約3台分)
耐久性 約5年?(完全無機質ではないので1~2年が限界との説も)
メンテ
ナンス性
週1回程度の水洗いでOK

ピンクダイヤモンドの試用レポート

新日本交易がプロ用として販売している「ピンクダイヤモンド」を試してみました。この会社はDIYコーティング業界ではかなり歴史のあるメーカーです。厚さ「2μ(理論値)」、「酸化しない」、硬度「9H」、「UVカット」といった強烈な謳い文句で注目されています。なかでもピンクダイヤモンドは従来の「クリスタル5」という製品のプロ仕様。前作ではセルロースが入ったこと自体に価値を見出していましたが、その後の研究により、セルロースをどのように使うかといった部分に焦点が当てられました。その組み込み方を改良して緻密性をアップさせることで、光沢や耐久性を高めた…とのことです。ただ正直、こうした謳い文句がどこまで信憑性があるのかは不明です。

施工方法は乾式です。洗車した車を水滴が残らないようにきれいに拭き取り、その後スポンジにピンクダイヤモンドを数滴垂らし、縦横に塗り広げていきます。薬剤はよく伸びますし、どこに塗り込んだのかが分かりやすかったので、思っていたよりも簡単に塗ることができました。ピンクダイアモンドの仕上がり

その後は、3分ほどおいてから乾拭きする方法と、1時間ほどおいてから水洗いする方法があります。乾拭きの方が光沢がよいそうなので、今回は乾拭きで仕上げます。シュアラスターの鏡面拭きあげクロスを使って拭いていくと、クロスがヌメ~。グリスなどを拭き取ったような感じです。ポリラックの拭き取りよりは少しラクかな、といった程度。そして拭いた直後から艶がバッチリ出て来ます。キラキラというよりもヌメ~とした艶です。いかにも何か塗ってます、って感じがしますね。

ピンクダイヤモンドの口コミ情報

「意外と量を使ってしまうので、1回あたり1,000円~1,200円くらいのコストでしょうか。プロ用だけあってやはり高いですね」

「硬化系を除いたコーティング剤のなかでは、この艶はトップクラスではないでしょうか!なかなか手間はかかってしまいますが、とても良い仕上がりです」

「晴れている日に施工して2日程乾燥させました。3日目の雨で1日中屋外駐車していたら、翌日にはしっかり雨じみが付いて取れなくなりました。雨じみが気にならないシルバーの車なら良いかもしれません」 

>>各種ガラスコーティング剤の性能比較ランキング<<