プレクサス

このページでは、ガラスコーティング剤「プレクサス」の性能評価をまとめています。

プレクサスの画像 分類 プラスチック専用コーティング剤
価格 3,885円
内容量 368g
耐久性 1ヶ月間
メンテ
ナンス性
1ヶ月に1~2回の施工が目安

プレクサスの試用レポート

戦闘機のキャノピーをきれいに保つために開発された、プラスチック専用コーティング剤「プレクサス」を使ってみました。モータースポーツ界でも重宝される製品なので、以前からずっと気になっていたのですが、その実態は…。

プラスチック製品なら何でもOKというプレクサス。近年では車体にはクリアが吹いてあるので、表面は樹脂になります。つまり、ボディにもプレクサスは使えるわけです。

多少の汚れなら水洗いなしで施工できる、というプレクサスですが、今回はかなり汚れていたので軽く水洗いをすることに。夜間に高速道路を走ったためか虫も結構ついていたので、そのあたりをちゃんと落とすようにしました。

そしてプレクサスをボディに吹き付けて、普通のタオルで拭きあげます。プレクサスの仕上がり具合とても塗りやすいですね。オイル成分も多少含まれるため、滑らかな拭き心地と言えます。ウワサの汚れ落とし効果は、まずまずといった所。大きな水アカなどは落とせないようです。先に洗車しておいて正解でした。その後拭きあげると、きれいな艶が出ています。これは良い感じです。

ただし、スプレーを吹きすぎたところは油っぽいムラが出来てしまいました。別のタオルで拭くと取れるので安心ですが。ちょっと少ないかなぁ…と思うくらいがちょうど良いようです。

やはり本領を発揮するのはプラ部分や樹脂部分。今回良いなと感じたのヘッドライトの樹脂レンズ&テールレンズなど。光り方が変わりましたね。

プレクサスの口コミ情報

「スプレーを吹きすぎると、油っぽいムラが出ます。結構拭きあげてみましたが、なかなか消えないようです。ちょっと少ない?と思うくらいがちょうどよいのかもしれません」

「白っぽい艶で、ちょっと深めのキズも目立たなくなったので満足です。車以外のプラ製品や携帯電話にも使ってみようと思います」

「遠目から見る分にはボディがツヤツヤで良いのですが、黒い車なのでちょっとムラが気になってしまっています」

>>耐久性を比較!車用ガラスコーティング剤ベスト5製品<<