トップページ >  撥水・疎水・親水の違いとは?

撥水・疎水・親水の違いとは?

ガラスコーティング剤の種類として一般的に知られている、撥水・疎水・親水性について解説し、それぞれを比較していきます。

撥水・疎水・親水の違い

【撥水性】
撥水性とは読んで字のごとく、水をはじく性質のことです。撥水性のガラスコーティングが施されたボディーに水がつくと、コロコロした水玉ができます。この水玉の形状によって、撥水や親水という分類がされているのです。

水玉の形状を厳密に区別したいときに用いるのが、接触角度という値です。これは、ボディーと水滴表面が作る角度のことを言います。一般にこの角度がおおよそ90度以上になるものが、カーコーティング業界でいう撥水性の定義になります。コーティング剤の中には接触角120度以上になるものもあり、これを強撥水、150度以上になるものは超撥水と呼ぶことがあります。

【疎水性】
カーコーティング業界で使われる疎水性という言葉は、学術的な疎水性の意味とは異なります。これが、撥水・疎水・親水という表現を分かりにくくしている元凶です。

学術的な疎水性の意味は、水となじみにくいという意味です。例えば、油は水には溶けず、浮きますよね?つまり油は疎水性です。厳密には、撥水性は疎水性の中に含まれます。

しかし、カーコーティング業界でいう疎水性の意味は、水がボディーから自然に流れていきやすいという意味です。疎水性コーティングが施されたボディーに水がつくと、撥水性ほどコロコロした水滴ができるわけではなく、大きな平たい水の塊となって流れ落ちていきます。このため、疎水性は撥水性よりも水はけがいいといわれています。水滴の接触角度は大体60度くらいです。

【親水性】
よく疎水性とごっちゃになって使用されるのがこの親水性です。そもそも親水性とは、疎水性とは対照的に水となじみやすいという意味です。

カーコーティング業界でいう親水性というのは、疎水性よりもさらに水がべたっと薄くくっつくような状態だと思ってください。とはいえ、実際の効果としては疎水性コーティングも親水性コーティングもほぼ同じようなものです。

それぞれのメリットデメリット

【撥水性】
(メリット)
水をはじいているというのが見た目で分かりやすく、気持ちがいいというのが大きな利点です。また、光沢効果やキズ防止効果があります。

(デメリット)
水玉となった水滴がレンズの役割を果たして、ボディーにイオンデポジット(※)をつくる原因となりやすいです。しかし近年出現した超撥水というコーティングだと、イオンデポジットはできにくいようです。そもそも最近の車の塗料は進化しているので、イオンデポジットのようなダメージも受けにくくなっています。
※太陽光によって水滴の跡が焼きついてしまったもの

【疎水性】
(メリット)
みずはけが良いので、雨が降ったあとでもボディーに水が残りにくく、イオンデポジットができにくいというのが最大の特徴です。

(デメリット)
雨が小雨の場合だと、撥水性とほぼ同じように水をはじいてしまいます。つまり大雨のときでない限り、疎水性ならではの効果というのは期待できません。また、撥水コーティングよりも輝きが劣る場合があります。

【親水性】
(メリット)
水は薄く広がるので、イオンデポジットができる可能性はほぼありません。

(デメリット)
そもそも理想的な親水性という状態を実現するのが難しいという点です。雨などで汚れがついていくうちに、疎水性に変化し、水をはじくようになってしまいます。

結局のところ、撥水よりも親水のほうがいいとは必ずしもいえないようです。こういった言葉に惑わされず、コーティング剤そのものの耐久性や艶といった基本性能が大事になってくるのではないかと思います。