コート力で選ぶガラスコーティング剤ベスト5

ここでは、各種ガラスコーティング剤の中でも特にコート力の強い製品を集めて比較しています。

【1位】ピカピカレインプレミアム
ピカピカレインプレミアム 効果持続性 3年
コーティング力 9H相当のガラス被膜で覆われ、酸性雨・塩害を防ぎ、ひび割れなどの酸化・劣化現象から車を守ります。滑水性に優れているため、黄砂や砂埃も水洗いで簡単に落ち、ウォータースポットが付きにくいのが特徴です。
メンテナンス性 光沢の持続性は3年間保証されているため、基本的にメンテナンスフリーです。多少の汚れは水洗いで落ちますので、手間は最小限で済みます。
コメント

「スーパーピカピカレインの親水性」と「ハイパーピカピカレインの撥水性」を掛け合わせたピカピカレインプレミアムは、水が滑り落ちるような滑水性に優れ、従来にはなかったハイブリット商品になりました。また、国内最高水準のガラス成分含有率を誇り、光沢力も格段に上昇。他社の商品と比べても10%~30%も透過率が高いため、高級感あふれる輝きを実現しました。

【2位】バリアスコート
バリアスコートの画像 効果持続性 6ヶ月
コーティング力 高密度ガラス系ポリマーとオリジナルのポリマーレジンによって、深みのある艶・洗浄力・持続性、そして硬度が高いレベルでバランスよく実現されています。
メンテナンス性 週1回程度の水洗いで光沢を保てます。洗浄力があるので、塗装に付着した油やタイヤカス、虫なども簡単に洗い流せます。撥水性をもつのでイオンデポジットには気を付けたいところです。
コメント

艶、洗浄力、耐久性がバランスよく叶えられているのが、このコート剤です。週1回くらい水洗いしてあげるだけで光沢を保てますが、撥水性によって雨の後は水玉が残りやすく、イオンデポジットが発生してしまうので注意は必要です。

【3位】ソフト99 TRIZ
ソフト99 TRIZの画像 効果持続性 3ヶ月
コーティング力 ガラス繊維系コーティング剤で、フッ素などと化学反応することでガラス繊維をボディに付着させます。ガラス成分がそれほど多くはないのでコーティング力もまずまずのレベルですが、持続期間内であれば十分でしょう。
メンテナンス性 週1回程度の水洗いだけで良いと言われていますが、初期撥水が強いためイオンデポジットが残りやすいです。これは水洗いだけでは落としづらいので注意が必要です。
コメント

ガラス繊維系コーティング剤の中では、持続期間3ヶ月というのはまずまずのレベルです。コーティング力も期間内であれば十分あります。週1回くらいの水洗いでOKですが、初期は撥水性が強くイオンデポジット(水洗いでは落としづらい)が発生しやすいのが難点です。

【4位】ブリスX
ブリスXの画像 効果持続性 9ヶ月
コーティング力 シリコンフッ素系のポリマーに、ガラス繊維素とセルロース繊維素を配合。ガラスとポリマーのダブルコートによって強力なコーティング力を発揮します。
メンテナンス性 疎水性のためイオンデポジットが発生せず、また帯電防止剤が添加されているので誇りの付着も抑えられます。このように汚れにくい状態ではありますが、専用コンディショナー2,100円でのお手入れが推奨されています。
コメント

ガラス繊維系のハシリというイメージがありますが、ポリマーとガラス繊維のハイブリッドになります。そのため、艶の感じが優れているのが一番のポイントでしょう。劣化要因となる有機材料(ポリマーなど)が含まれているにも関わらず、9ヶ月も効果が持続するのは「さすがブリス!」と言えます。ただし、疎水性&帯電防止剤によって汚れにくくはありますが、専用コンディショナーによるお手入れはした方がよさそうです。

【5位】アクアクリスタル
アクアクリスタルの画像 効果持続性 3ヶ月
コーティング力 フッ素・ケイ素と化学反応してガラス繊維がボディに付着する、ガラス繊維ケイ素系コーティング。このタイプのコーティング力はまずまずといった所ですが、コーティングの厚さも手伝って比較的強固に保護してくれます。
メンテナンス性 1回の施工ではあまり効果が期待できないので、2~3回の重ね塗りが必要です。また持続期間が3ヶ月しかないので、比較的メンテナンスは頻繁に行うことになります。
コメント

ガラス繊維ケイ素系コーティング剤にしては、比較的耐久性に優れている印象です。それは、塗装の痛みが目立つ中古車などにも効果があるほどの“コーティングの厚さ”によるものだと思います。ただし、効果を実感するためには2~3回の重ね塗りが必要なのと、それを3ヶ月ごとに繰り返す必要はあります。

ピカピカレインプレミアムを使ってみました

今回、1位とさせて頂いたピカピカレインプレミアム。
ただ、他人様にお勧めする以上、適当なことを言えませんので、私自身の愛車で試してみました。

ピカピカレインプレミアム 泡立てStep,1 下準備
カーシャンプーを泡立てて、マイクロファイバーを使い優しく洗浄。ここが肝ですね!
汚れや粉塵などをきれいに落とさないとせっかくのコーティングが台無しになってしまいます。

 

洗車Step,2 洗浄
アワアワでまんべんなく撫で洗いしていき、水垢や油汚れなどを落とします。
今回はホイールにもコーティングする予定なので、細部まできっちりと洗ってみました。

 

塗布Step,3 塗布
ムラなくなくきれいに塗っていきます。専用のスポンジに3滴ほどコーティング剤を染み込ませて薄くのばすように塗るのがポイント!
ムラができないよう同じ方向に塗っていくときれいに仕上がります。

 

拭上Step,4 拭き上げ
塗ったらすぐにマイクロファイバーで拭いていきます。この工程をブロックごとに繰り返して、ボディ全体をコーティングしていきます。

 

ホイールコーティング剤が余ることが多いので、今回はホイールやエンジンルームにも使ってみました。ボディと同じ工程で塗ってOKです。
雨の日など汚れがちなホイールですが、これで天気が悪い日でも安心して運転できますね。

 

エンジンルームエンジンルームには油汚れや粉塵が溜まりやすく、放っておくと掃除が大変です。もともとコーティングしておけば掃除の手間が少しは省けるはず!
愛車なら普段見えないところもピカピカにしたいものです。

 

滑水性

今回のピカピカレインプレミアムは今までのピカピカレインシリーズと比べてやはりグレードアップしていました。

親水性と撥水性を組み合わさった滑水性は水の弾きも格段に違います。水を弾くというより滑り落ちるといった印象です。そのためウォータースポットはほとんどできませんでした。

雨の日の手入れも楽で、掃除も手間がかからないので、私的には大満足です。気になる光沢感ですが、こちらも以前と比べて良くなった気がします。色が濃くなったといいますか、深みが出たように思えます。

まるで自分の車ではないような高級感に虜になってしまいそうでした。

滑水性に優れたピカピカレインプレミアムはこちら>>

歴代のピカピカレインシリーズ

他のピカピカレインシリーズはこちらをご覧ください!

ハイパーピカピカレイン

分類 完全石英ガラス100%コーティング剤
価格 9,750円(税込)
内容量 25ml
耐久性 3年間
メンテ

ナンス性
3年間はメンテナンスほぼ不要。洗車はほとんど必要なく、汚れた場合は水洗いだけできれいになる。専用のメンテナンス剤を使用することで、更なる光沢・撥水性を得られる。

スーパーピカピカレイン

su-pa-pikapikarein 分類 完全石英ガラス100%コーティング剤
価格 8,780円(税込)
内容量 25ml
耐久性 3年間
メンテ

ナンス性
3年間はメンテナンスほぼ不要。ときどき水洗いする程度。